2015年12月31日木曜日

2015年の御礼と、私に真剣に相談しれくれた友人たちへ

あと数時間で新年です。
皆様、今年もありがとうございました。

今年はとても沢山の辛いこと、嬉しいことがありました。

仕事では特に自分の力の足りなさを感じ、
どの方向に進めばいいのかを真剣に考えた1年でした。
少しづつ周りの環境が変化してきて、
気がつけば素晴らしいヒト達に囲まれているということも実感しました。


そして年末になると1年の振り返りをする時期ですが...
12月に入ってから同じ内容の相談を数件受けました。
「自分が何をしたいのか、どうしたらいいかわからない」
という相談です。

短期間に同じ相談を数件されたのは何かの知らせかも?
と思ったのでここに私の体験を書いてこうと思います。

自分のやりたいことを続けていくのは、実はものすごく大変です。
全責任が自分なので、とってもコワいときもあります。

自分がどうしたらいいのか分からないのは、
周りの環境に翻弄されている場合が多いと思います。
(このままでいいのかな?)と無意識な不安があるのに、
その不安にふたをしてしまいます。
答えは自分の中ではなく外にあると思いこんでしまいます。

私もそうだったので、その気持ちすごく分かります。
どこかに、まだ見ぬ魔法の解決策があるのではないか?と
自分の外にばかり目を向けていた時期がありました。

自分のふがいなさや未熟さを目の当たりにしてもがき続けるのは、
周りに流されるよりもずっとずっと大変なことだと思うのです。

だけどもがきもがき続けないと、何も変わらないのです。

逃げずにしっかりと自分と向き合うクセをつけたら、
この方がよっぽど気持ちが楽だということがわかってきました。

人間って、
困っているヒトを助けたくなるのではなく、
必死にもがき苦しんで、それでも前に進もうとしているヒトを助けたくなるのだと思います。


まだまだ私も未熟者ですが、
真剣に相談をしてくれた友人数名への言葉を残して、
今年のブログは終わりにしたいと思います。


来年はさらに飛躍していきますので、皆様宜しくお願いします♡





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2015年12月27日日曜日

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

先日、クリスマスプレゼントでライターの友人のU氏からこの本を貰いました。

「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。著:尾形真理子」

この本を読んだ大角の感想が聞きたい、と頂いたプレゼント。
せっかくなのでブログに残しておきたいと思います。

尾形真理子さん博報堂出身の人気コピーライター。
資生堂やルミネのキャッチコピーなど、女性への人気が絶大。

ある1人の女性がオーナーの渋谷のはずれにある小さなセレクトショップ。
自分の好きなものだけを集めたこだわりのお店「closet」。
色々な思いを抱えて、自分を変えたくて洋服を買いにくる5人の女性の物語。

女性へのコピーを書かせたら右に出る物はいないと言われる尾形さんの小説なだけあって、
女性がキュンとしてしまうワードがいっぱい。

それぞれのストーリーも読みやすくて良かったんだけど、
このセレクトショップの女性オーナーにすごく自分を重ねてしまいました。
読み終えて思ったのが、そういえば私もこういうお店やりたかったんだよな〜ということ。
自分の好きなものだけを集めた小さなお店をもつのが幼い頃の夢。

尾形さんのコピーでは本のタイトルにもなっているルミネのキャッチコピー
「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」がすごく好き。
好きな人ができたら試着室ではもちろん、ハンカチ1枚買うときでさえその人がよぎる。
女はたった1人の「かわいいね」のために、
何十枚も服が買えてしまう生き物なのです。

そしてこの物語でもう一つ、
私の最大のキュンとしたポイントは・・・アントワープ!
このセレクトショップのオーナーの彼氏はベルギーのアントワープのメゾンで
パタンナーをしているという設定なのだけど、
「アントワープ」という設定がニクい!

ファッションといえば、パリやニューヨークが取り上げられることが多いけど、
ベルギーのアントワープもファッションの聖地。
アントワープ王立芸術アカデミーからは、沢山の有名デザイナーが生まれています。
パリやニューヨークとはまた違った魅力があり、アントワープの6人は伝説。

アントワープというワードを見て、
ロンドンに行ったときのことを次々と思い出しました。

もう洋服の仕事をしてく自信がなくなって傷心旅行のような気持ちでロンドンを訪れた時、名門校「ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション」の前を通ってものすごくウズウズしてきて、そのあとに行ったデパートでみたJimmy Chooの白いハイヒールがすごく素敵で、(Jimmy Chooはカレッジ・オブ・ファッションの卒業生)
自分のブライダルシューズは絶対にJimmy Chooと決めことや、
その後に行ったベルギー旅行では、
アントワープ王立アカデミーを生徒のふりして入っていったこと...笑。

服なんて嫌いだ!と思っていたのに、海外に行ってみたら
洋服やファッションしか目に入ってこなかったこと。

アントワープにあるドリス・ヴァン・ノッテンの本店に行ったときはものすごくキュンとして、その近くのマルタン・マルジェラの本店で買った赤いストーンのネックレスは今でも宝物。

そして、その旅で少しだけ恋をしたメンズのこと。
連絡先も今は何をしているか分からないけど、
仕事を辞めて自信を無くしていた私に、
「環境を変えるためにやめたんでしょ?間違えてないよ」と言ってくれたこと。

この旅でバスローブと出会い、affetto.を立ち上げることになるので、
全て繋がっているんだなぁ、と。
あぁ、懐かしい。

この本の最後のストーリーで、女子アナ風の女の子が自分を変えたくて
個性的な服を探しているシーンがあるのだけど、
違う自分を見せたくて全然似合わないワンピースを買おうとします。

カメラマンの彼のビジネスパートナーの女性が赤いワンピースを着た個性的な女性だったから、
自分も普通じゃだめだと思って買おうとするのがアバンギャルドな真っ赤なワンピース。
こういう心境って確かにわかる。
自分にない魅力を持っている人って憧れるし、
かなわないと思ってしまうと、嫉妬心や競争心が生まれてくる時もある。
だけど、自分らしい個性をだしたほうがよっぽど魅力的なんですよね。

この5話の恋の話を読んで、今までの恋愛を振り返ってみました。
本当に辛いのは、恋が叶わなかったときじゃなくて、
気持ちがすれ違っている時なんだよなぁ。



本の帯にこんな言葉が書かれていました。

「可愛い服を買ったとき、一番に見せたい人は誰ですか?」




affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2015年12月21日月曜日

エディット・ピアフ生誕100年 語りと歌のコンサート

先日の12月19日(土)はエディット・ピアフが生まれて100年の日。

とっても素敵なコンサートに行ってきました。

『エディット・ピアフ生誕100年 語りと歌のコンサート』
大好きな作家の山口路子さんが主催のコンサート。
(*路子先生の代表的な著書の一冊でもあるのが
「エディット・ピアフという生き方」

もう...ものすごく暖かい時間でした。

路子先生がピアフの生い立ちや恋を語り、
それに合わせてシャンソン歌手の黒川泰子さんが歌い上げていく。
コンサートというよりも、
プライベートシアターで映画を観ているような贅沢な時間でした。

私の大好きな曲も沢山聞けて大満足でした、たっぷり12曲!

ピアフが大好きで、よくデザインを考えるときに流しているのですが、
不思議とピアフの声って思考を邪魔しないんですよね。
何かを考えるときは無音がいいのですが、
ピアフだけは大丈夫なんです。

壮絶な人生を生きたピアフ。
愛が最大のエネルギーの源だったことに間違いはない彼女。

スターだけでなく色々な若手作曲家や詩人たちと恋に落ちるけど、
有名なお相手の1人が、ピアフがトップスターに育てたシャンソン歌手のイブ・モンタン。
彼との恋の喜びを歌ったのが名曲の「La Vie en Rose(バラ色の人生)」

だけど、やっぱりピアフ至上最大の愛は、ボクサーのマルセル・セルダン。
お互い人気者で超多忙な生活。
パリでの試合を終えたセルダンはニューヨーク公演中のピアフに電話し、
今から船にのってニューヨークに向かうと伝えると、
「そんなの待てないから飛行機で会いに来て!」といいます。
1949年10月28日、セルダンの乗った飛行機はアゾレス諸島の近海に堕落。
セルダンは帰らぬ人となりました。

これ以外にも様々な愛と絶望に満ちた人生。
だからこそ、彼女の歌にはとんでもない深みがあるのでしょうか。

ピアフの友人のジャン・コクトーは、
彼女は歌うたびに自分の魂を引き剥がしているように見えると語ったんだそうです。

最後に、路子先生訳詞の「愛の讃歌」が歌われたのですが、
感激で涙が溢れてきました。
会場中で、涙を拭く姿が見られました。

派手なエンターテイメントではなく、しっとりとした穏やかな時間。
ピアフが生まれて100年の日に、こんな素晴らしい愛の讃歌が聞けるなんて。
赤ワインがいつもよりも美味しく感じられました。

(あ!路子先生と写真撮り忘れちゃった!!)




『Hymne à L'Amour(愛の讃歌)』



『Padam  Padam(パダン・パダン)』私の大好きな曲♡







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2015年12月20日日曜日

父からの手紙

今日はたまった仕事を片付けようとこもっていたのだけど、
デスク回りの探し物をしていたら、
数年前に父からもらった手紙がでてきました。

起業しようと思うと話した少し後に、
経営者である父から届いた手紙。
今になって父からの言葉が染みる。

「今、手を上がれば誰でも社長になれる時代だけど、
いかに会社を継続できるかが大変である」

継続することの大変さを改めて感じ、
一人でやっていくことの限界も感じた今年1年。

売上を上げるのは難しい。
利益を出すのはもっと難しい。
継続するのは、もっともっと難しい。

まだまだ教えてもらわなきゃいけないことが沢山あるので、
元気で長生きしてもらわなきゃ。







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2015年12月6日日曜日

ある方への言葉を残しておきたいと思います。

今日は、ここにある方への言葉を残しておきたいと思います。

ビジュアル系バンド「ADAMS」のリーダーのshotaさんが脳卒中のため永眠いたしました。
あまりに若すぎる、突然の死。

私が彼らを知ったのは約2年前。
彼らをプロデュースをしている女性と知り合ったのがきかっけでした。
独特の世界観と音楽センス。

(彼らは絶対ブレイクするだろうな...)と感じました。
日本での活動はまだ最小限でしたが、
海外では絶大な人気があったADAMS。

11月30日、ポーランドのライブ中に倒れ、
最後までマイクを離さなかったんだそうです。

撮影の際に、affetto.のバスローブを着てくれたこともありました。
バスローブにブーツを合わせた彼らのセンスには、
私もビックリでしたが、とってもかっこ良かったです。





shotaさんの残した音楽が、これからも沢山の方に愛されますように。
今、彼らの曲を聴きながらこのブログを書いています。

安らかにお眠りくださいという言葉はなんだかしっくりこない気がするので...
天国でも沢山の素敵な音楽を作ってください。





affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /