2016年5月31日火曜日

月末感謝祭

今日で5月も終わり。
今月は初夏の陽気を感じられる日も多かったですね。

そろそろ梅雨が近づいている気配もあり、
あっと間に夏になるんだろうな、という今日この頃...

ちょっと面白い企画を思いついてしまいました。



いつもお買い上げいただいている皆様に感謝の気持ちを込めて、
月の最終日限定でプレゼントをお渡ししちゃおうと思います。

本日アフェットWEB SHOPでお買い上げ金額が...

1万円以上→オリジナルポーチorきんちゃくプレゼント!
(どれか届くかはお楽しみ♪)





3万円以上→バスローブ1枚プレゼント!!
(プレゼントはこちらのバスローブになります)


梅雨時期も乾きやすい薄手のバスローブ。
これが貰えちゃうのはかなりお得です。


本日24時まで!
今回はブログ・SNS、メルマガ読者様限定となります。
お買い上げの合計金額によって、プレゼントを同封いたします
(プレゼントの種類や色は指定できません、ごめんなさい...)

この「月末感謝祭」は毎月開催するものではありません。

店長の気まぐれです、 (´∀` )


気になるバスローブあったんだよな〜という方、
ちょっと立ち寄ってみてください。






affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

久しぶりのラジオ出演

インターネットラジオ・すまいるエフエムの「デッキーの映画 CaaaaN!!」の収録でした。

夏にデジタル・リマスター版&寺尾次郎氏の新訳で公開される映画「気狂いピエロ」で
アンナ・カリーナが着てるブルーのバスローブのレプリカをaffetto.で製作させて頂きました。

「気狂いピエロ」はゴダールの最高傑作と言われている、大好きな作品。
とっても嬉しい!

バスローブのお話沢山してきたので聴いて下さいね^ ^
デッキーさんの映画愛溢れる、とても素敵な番組です。

7月22日放送。カリーナのバスローブは映画館で販売します。
貴重な体験ありがとうございます。

(写真はアンナカリーナのバスローブ姿)







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2016年5月26日木曜日

本日24時まで!バスローブ10%OFFです!

毎月26日はバスローブの日!
バスローブがいつもよりお安く買えるチャンスです。

今朝から沢山のご注文をいただいているため、
これからの時期にオススメのスリムバスローブ、
品薄のカラーも出ております><
本日24時までの限定割引です。





<今月の人気バスローブ・ランキング>








affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2016年5月22日日曜日

自分自身をリラックスさせるために、バスローブを作った。

よく意外がられるけど、私は全く自分に自信がない。
自分のことを認めるのも苦手だし、
仕事もキャリアも容姿も自信がない。

だけどどこかで、そういう自分を変えたいなって思っていた。
先日ある女性とお会いした時に、
自分を好きになるにはどうしたら良いか?を聞いてみた。

その女性は仕事もバリバリしていて美人で、
すごく自信があるように見えたのだけど、私も自信がないという答えが返ってきた。

こんなに活躍している人でもそういう一面があるんだと思うと、
びっくりしたのと、ちょっと安心した。

そして言われたことが、
過去の自分を褒めること
沢山愛してくれる人と出会うこと
リラックスすること

結果はまだまだかもしれないけど、
充分頑張ってきたんだからまずはそれを認めてあげないと、と。
そうしないと、頑張って目標達成してもどんどん辛くなる。

それから、たくさん愛してくれる人と出会うこと。
好きな人に愛してるよって沢山言われたら、自分のことも好きになるでしょ?と。
おぉ!納得!すごく腑に落ちた。

あとは、リラックスすること。
いっぱいいっぱいの状態は良いことが起こらないからリラックスの余裕を持つこと。
私、リラックスのためにバスローブ作ってるんだよなって思いハッとしました。



人生の醍醐味は、愛する人とともに生きることだと思う。
愛やリラックス、解放、っていうことを伝えたくてこの仕事をしていたはず。

『affetto.=愛情、慈しみ、見返りを求めない愛情』

女性の社会での活躍とか、地域活性とかグローバルにとか、
仕事通して貢献していきたいことは沢山あるけど、
根底には”愛する人とともに生きる”っていうことがあって、
これがあるからヒトは社会(外)に出て頑張れるんだと。

モヤモヤしていたものが晴れて、原点に戻れました。

自分の手のひらにある幸せを満たしてあげたら
それが波紋のように周りに広がっていくのではないか?
結果、それが大きくなっていくだけなのではないか?

以前何かでみたのだけど...
イタリアが日本に比べて自殺率が低いのは、自分自身を愛しているから、と。
生まれた時から「愛してる。生まれてきてくれてありがとう」と
愛情たっぷりの言葉を毎日浴びているので、
自然と自分自身を大事にするんだと。
(これはプライドの問題とか失業率とか
今は色々なことにも関わってくるわけですが...それはまた今度。)

ストレートに「愛してる」って言われたら嬉しいですよね。
言葉一つで人生が充実するなら、
恥ずかしがらずに、大切な人に好きとか愛してるとか伝えていきたいですね。







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2016年5月19日木曜日

芍薬は悪い女の華だと思う。

5月のこの時期はちょうど芍薬の季節。
お花好きなので、いつも事務所には花を飾っているのですが、
この時期は芍薬率が高い。


芍薬って、見た目とはちょっと違う独特の香りがしますよね。
フローラルのような清楚な香りがするのかな?と思いきや、
ちょっとクセがあるグリーンの深い香り。

このクセのある香りにすっかり虜。

知らぬ間にどんどんハマっていって、
気がついたらその人から抜け出せなくなっている、
美しい悪女のような感じ。

(そういう女性こそ、見た目は清楚な雰囲気だったりするのよね)


芍薬はギリシャ神話にも出てくるし、
様々な言い伝えや物語がありますが、
一番好きなのは小野小町の「百夜通い伝説(ももよがよいでんせつ)


”小野小町美しく才女であったた京でもとても気に入られ、
多くの男性に求婚されたそうです。

小町は36歳の時、都から郷里にもどりますが、
小町へ思いを寄せるを深草少将は、小町を追って引っ越してきます。
何度も恋文を送り続けたところ、やっと小町より返事が届きます。
それは、「昔庭で大事に育てていた芍薬の花が少なくなってしまったので、
毎晩芍薬を一株ずつ植えて100株になったら契りを交わす」というもの。
少将は、毎日野山に芍薬を探しにでかけては、芍薬を植え続けますが、なんと100日目の夜、あと1本というところで、不運な事故で亡くなります。
小野小町は、少将の死を悼み、芍薬1本1本に99首の歌を詠んだものが「法実経の花」と呼ばれるようになりました。

切ないお話。
毎日芍薬をプレゼントされたら、
私だったら100日たたないうちに、すっか惚れてしまいそうです。




百夜通い伝説の出典:http://ar-flower.com/syakuyaku7/




affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /

2016年5月13日金曜日

女性の憧れのレースたち

レースは女性の永遠の憧れ。
私もレースが大好きなので、よくバスローブのデザインに入れています。

映画や雑誌を見ていても、ついレースの衣装に目がいってしまいます。
あの透け感がなんとも言えない。

完全に店長の趣味で選んでいますが、レースが印象的な映画といえばコレ。

『ざくろの色(監督:セルゲイ・パラジャーノフ)1968年


アルメニア人のアルメニア独自の文化を映像で陶酔的に表現したセルゲイ・パラジャーノフの代表的作品。
この映像美はすごい。白と赤の美しい模様のレースが目に焼きつきます。


『地獄に堕ちた勇者ども(監督:ルキノ・ヴォスコンティ)1970年

白い肌にベージュのレースって、なんてエロティックなんでしょう。
エロティックな中に清楚さを感じます。


『おしゃれ泥棒(監督:ウィリアム・ワイラー)1966年


黒レースがとってもセクシーだけど、エロ過ぎないのはオードリーだからでしょうか。
黒レースって女性の永遠の憧れです。
こんな格好してお出かけしたいです。


レースは見ているだけでうっとりとした気分になれます。
当店でもレース付きバスローブの再販が決定。
ただいま予約販売中です。



今回も数量限定生産です。
6月末から7月中頃入荷予定です。

このバスローブは生地もレースも、もちろん日本製。
日本のレースってすごく繊細で、なかなか真似できないんだそうです。
以前、レース屋さんが「中国で真似できないレースを開発しました!」と
嬉しそうに見せてくれたのを思い出します。

以前、とても若々しくて素敵なデザイナーのマダムがいたのだけど、
その秘訣は何ですか?って聞いたら、
毎日レースを触っているからかしら?っていう答えが返ってきました。


レースといえば、最後にこれも載せておかないと。
フェメールの名画「レースを編む女」







affetto.(アフェット)はバスローブ通販専門店です。


情報は公式SNSから随時発信中!

   





\ 商品試着サービス始めました! /